熊本の精神科/神経科/内科/放射線科/歯科の菊陽病院
文字サイズ
トップページ
診察のご案内
菊陽病院について
採用情報と研修
お問合せフォーム

ギャンブル依存症

ギャンブルを「辞めたい!けど止められない」とお困りのあなたに

ギャンブルを辞めたくて辞めれず困っていませんか?「本当は止めたいのに、、、」と思い、朝起きると「今日から止めよう」と決意し、いざ仕事が終われば、いつのまにか、「明日から辞めよう」と考え、ついついギャンブルをして、次の日に、落ち込んでしまったり...。

「今日は運がいいからギャンブルすると勝つかも」と何かにつけてギャンブルことを考えてしまう。そんな生活を繰り返してはいませんか? 辞めようと思い、いろいろと考え、実行しても失敗してしまう。そんな経験はありませんか?

それは依存症という病気にかかっているのかも知れません。

この病気は、意思が弱いから止められない。ということではありません。あなたは、本当は止めたいと思っているのですから、意思が弱いわけではないのです。しかし、体が、脳が求めてしまうのです。また、家族から止めさせようと、お金を隠され、ご家族とも言い合いとなり、誰も理解してくれないとお困りではありませんか? もしそんな経験があるのであれば、一度、菊陽病院へ相談に来てみませんか?同じような苦しみを持っている方は沢山いるのです。

あなたには「辞めたい」と健康的に考える自分と、「好きだから賭けるんだ」とギャンブルを中心に考えてしまう病気の考え方に板ばさみになり、誰からも理解されず、苦しんではいないでしょうか?
まずは、菊陽病院へ相談してみませんか?私達、菊陽病院では、ギャンブルに悩み、苦しんでいる方のサポートをします。

ギャンブル依存症について

菊陽病院ではギャンブル依存症の相談・治療をおこなっています。ギャンブルに異常な興味と快感をおぼえ、コントロールがきかなくなり「やめようと思っていてもやめられない、その結果、借金や家庭崩壊や犯罪行為などの重大な被害が発生し、被害があるにもかかわらずくりかえす病気(再発しやすい病気)です。 ギャンブル依存症の正式病名は国際保健機構WHOの国際疾病分類ICD-10では「病的賭博」です。(表1)に、アメリカの診断基準DSM-Wによる病的賭博の診断を示します。

表1)アメリカの診断基準DSM-Wによる病的賭博の診断

以下のうち5つ(またはそれ以上)によって示される持続的で反復的な不適応的賭博行為

  1. 賭博にとらわれている
    例)勝ったときのことを生き生きと再体験したり、賭博をするための金銭を得る方法を考えたり、次の賭けの計画を立てることなどにとらわれている。
  2. 興奮を得たいために、次第に掛け金の額を増やす。
  3. 賭博をするのを抑える、減らす、やめるなどの努力を何度もやったが成功しなかった。
  4. 賭博をやめていると落ち着かずイライラする。
  5. 問題から逃避する手段として、または不快な気分
    例)無気力、罪悪感、不安、抑うつを解消する手段として賭博する。
  6. 負けると取り返そうとする(深追いする)。
  7. 賭博したことを隠すために嘘をつく。
  8. 賭博の資金を得るために法律に触れるようなことをしたことがある。
  9. 賭博のために、重要な人間関係や教育、職業上の機会を危険にさらしたり失ったりした ことがある。
  10. 借金して賭博をする。賭博による経済的な問題を他人に解決してもらったことがある。
ギャンブル専門外来について

ギャンブル専門外来初回相談は時間がかかりますので、予約制になっています。個別相談合同相談会があります。 最初は合同相談会に参加していただくようにお願いします。外来看護師に、ご予約ください。

ギャンブル合同相談会のご案内
開催日 隔月の土曜日11:30受付 12:00〜16:00
この相談会参加には予約が必要ですので外来までご連絡ください。
(詳細な日程については外来までお問い合わせください)
参加費 1家族  8,000円 税別(何名参加されても同額です)
※なるべく多くの家族に参加してもらい病気について理解していただく事が大切ですので沢山の方に参加していただけるようにしております。
内容
  • グループに分かれてのグループワーク
  • ギャンブル依存症の病理、診断、治療について、VTRと医師による講義
  • 当事者からの体験発表
  • 質疑応答、参加者からの感想意見
  • 今後の面談予約について説明

※相談会後の面談は後日、個別に調整をさせて頂く形となりますのでご了承ください。相談会当日の個別面談はありません。

ギャンブル専門外来について

ギャンブル合同相談会に参加していただいた後に個人面談予約をとっております。
初回面談は大変時間を要しますので予約制となっております。まずは、ギャンブル合同相談会に参加をお願いいたします。

ギャンブル依存症の入院治療

入院治療は、主として教育的集団精神療法で行われます。ギャンブル依存症グループに入って、グループのルールに従って、規律ある生活を送っていただきます。入院生活および治療はGRP(ギャンブル依存症リハビリテーションプログラム)にそって進められます。早朝運動、病棟生活ミーティング、学習会、治療的ミーティング、スポーツ、トレッキング(集団登山)、院内例会出席などがあります。とくに重要なプログラムは以下の3つです。

テキスト「ギャンブル依存症」の写本ギャンブル依存症の認知行動療法集中内観療法
ギャンブル依存症の治療と再発予防と回復
退院後の治療継続のために大切なことは2つです。
  1. 自助グループGA(ギャンブラーズ・アノニマス:無名のギャンブル依存症の会)に定期的に出席すること。
  2. ギャンブル依存症治療専門外来に定期的に通院すること。
ギャンブルの再発を防ぐ三本柱として
  1. 不必要なお金を持ち歩かない
  2. ギャンブルを思い出すようなものは避ける(パチンコ店の前は通らない、パチンコ店のチラシは見ないで捨てる、テレビCMや雑誌などは見ない、勝った話は聞かないなど)
  3. 少なくとも週に1回はGAに出席する。
もしもギャンブル欲求が出たら、以下の3つを実践するよう勧めます。
  1. 呼吸法
  2. リラクゼーション法
  3. 電話療法

「依存症からの回復」のために最も大切なことは「定期的にGAに出席すること」です。GAの回復のための12ステップでは、ギャンブルをやめて意味ある生き方をめざす方法が示されています。

ご家族の方へ

ご家族の方へギャンブル依存症の治療には家族の協力が不可欠です。家族が本人を責めてばかりいて、そのくせに借金を返してあげたりして尻拭いすると、依存症は悪化します。本人には「あなたは病気だと思う、だから病院で治療を受けて欲しい」と告げ、金銭問題は「クレサラ被害をなくす会」などに相談しましょう。 問題を解決し、本人に適切な治療を受けてもらうために、まず家族が病院に相談に来ること、そして医療スタッフと協力して治療を進めることが肝要です。治療のために「家族がすべきこと」と「してはならないこと」を次に掲げます。

家族がすべきこと、してはならないこと
家族がすべきこと
  1. まず家族自身の財産を守る決意、家族自身の精神的安定をはかるお金を自分のために使う、時間を自分のために使う、家族の会に出席する。
  2. 金銭面の解決のために専門家に相談する。クレサラ問題はクレサラ被害をなくす会などに相談する。
  3. 病的賭博は病気であり、病気の治療は専門の医師のもとに治療を進める、と考えること。
  4. 本人の人格を尊重する態度をとる。
  5. 本人の回復を信じる。
家族がしてはならないこと
  1. 安易な金銭の提供、借金の肩代わり。(尻拭い)
  2. 世間体を気にし過ぎて問題を隠したりしないこと。問題を隠しオープンにしないことで一般に依存を進行させることになる。また、問題の本質を見誤ることになる。
  3. 本人を責める、なじる、「死んでくれ」などと言って、尊厳を傷つける。
家族が本人を治療に導入する技法

本人がギャンブル依存症であることを認めず治療を拒否する場合、次のような工夫をしてみましょう。

痛みを痛ませる作業
まず、金銭の提供や借金の肩代わりをやめる。しかし、解決するための手続きの援助はする。また、治療を勧め、治療のための援助はする。
治療を受け気持ちになるような効果的な勧め方は
  1. 【セリフ】  「あなたは病気です。病気だから病院で治療を受けてください。」
  2. 【説得のチャンス】  「正気の本人」に働きかける。「賭博人格」に働きかけても効果はない、または逆効果。
  3. 【家族の気持ちを真摯に伝える】  議論はしない・感情的にならない・責めない・子ども扱いなどしない。
  4. 【シンクロナイズ説得法】  同じセリフで多くのひとに説得してもらう。(親や妻以外の他の人たちの力を借りるよう勧める。